メニュー

明武館ユニバーサル教室
MEIBYKAN UNIVERSAL CLASS

発達障がいがあるお子さまのための
少人数制 柔道教室

少人数制でお子さま(小学生・中学生)の特性に応じた手厚い支援が可能な特別クラスを開設しました。

支援が必要なお子さま、集団の習い事には馴染めないお子さまを対象に、お子さまの特性をしっかりと見極め、お子さま一人ひとりの状況を丁寧に理解して、適切なカリキュラムを実施します。

少人数制で個別対応

少人数制でお子さまの特性に応じた手厚い支援が可能。

国家資格者が指導

リハビリ専門職など国家資格を持つ柔道有段者が指導。

行政機関や大学と連携

科学的な視点に基づいた個別柔道プログラムを実施。

少人数制で個別対応

発達障がいのあるお子さまや集団に馴染めないお子さまのために少人数制の個別指導が可能なユニバーサル教室を開設いたしました。
お子さまの特性を評価し、お子さまに最適なプログラムを実施いたします。
発達障がいの診断は受けていないが、不登校など集団に参加することが苦手、習い事になかなか参加できなかったお子さまにもご利用いただいております。

個別柔道プログラム
大外刈り-web

打ち込み・乱取り

前回り受身-web

受け身

ケンケン-web

体幹遊び

有資格者が指導

明武館では柔道教室以外にも障がい児通所支援「明武館療育クラブ」を運営しております。
理学療法士、言語聴覚士、保育士といった国家資格を持つ経験豊富な柔道有段者が、お子さまの特性を評価し、お子様一人ひとりの状況に応じて適切なカリキュラムを実施します。

指導者紹介

館長
田邊 智彦
理学療法士
柔道5段

指導員
岡本 泰規
言語聴覚士
柔道4段

指導員
部谷 れな
保育士
柔道初段

行政機関や大学と連携

スポーツ庁ロゴ

近年、柔道の要素を取り入れた療育が発達障がいに効果があるとされ、多くの柔道場やデイサービスにて柔道療育が実施されておりますが、柔道療育の効果や有効性はまだ証明されていないのが現状です。
当道場では、行政機関や大学と連携し、科学的な視点に基づき柔道療育を実施します。

明武館ユニバーサル教室は、スポーツ庁令和5年度「誰もが気軽にスポーツに親しめる場づくり総合推進事業(民間スポーツ施設の公共的活用し新事業)」を受託し、実証実験として実施しています。
発達障がいがあるお子様が柔道(武道)を通じて得られる効果や有効性を評価しながら、お子様の成長に役立てていくことを目的としています。

SERVICE

TOP